お召し上がり方

さばのへしこは、焼いてもそのままでもお召し上がりいただけます。
ここでは1尾のさばのへしこを、お造り・焼きの両方に使いやすいさばきかたをご紹介いたします。

焼いていただく場合

はらの米ぬかを落とす

まず、さばのへしこを袋から取り出し、はらの米ぬかを落とします。
ここでは素手で取り除いていますが、背びれや尾びれ、骨などで怪我をしないように気をつけてください。
包丁の背や濡れ布巾などを使われてもかまいません。
米ぬかが気になる方は、流水にて洗い流していただいても結構です。

2.さばを2枚におろす

次に、さばを2枚におろします。背骨がある方を焼き用、ない方をお造り用にします。

3.頭と尾を切り落としお好みの大きさに切り分ける

あとは頭と尾を切り落とし、お好みの大きさに切り分けてください。
気になる方は背びれや尾びれなども切り落としてください。
一度に食べ切れない分など、保存用とする場合はここで小分けしておくと便利です。
ラップなどで空気に触れない状態とするのが保存のコツです。また、冷凍していただいても問題ありません。

4.お好みに応じて焼く

あとは好みに応じて焼いてください。
米ぬかが焦げやすいので、火力を調節しじっくりと焼いてください。
また、焼いたものをほぐしていただくと、サケフレークやアンチョビの代替として、またはトッピング用として調理の幅が広がります。

お造りにしていただく場合

1.米ぬかを洗い流す

まず、米ぬかを洗い流します。
米ぬかがついたままでも差し支えありませんが、流水で洗い流していただくと、程よく塩抜きされます。お好みに応じて調理してください。

2.胸びれ、背びれ、尾びれ、肋骨などを切り落とす

次に胸びれ、背びれ、尾びれ、肋骨などを切り落とします。中骨を抜き、薄皮も剥ぎます。
スライスすると中骨と薄皮が口に残りますが、気にならなければそのままお召し上がりいただけます。

ここまできれいに処理できれば、あとは切るだけです。薄切りまたは好みに応じて調理してください。